アディッシュ公式note

アディッシュ公式noteへようこそ! 「つながりを常によろこびに」を実現するための多彩なサービスを展開しています。 情報社会で多様化するコミュニケーション。そのあらゆる課題解決を提供しています。 サービス詳細:https://www.adish.co.jp/service/

#adishのコトヒト

adishを支える経営陣・社員・パートナーが普段どのような視点で顧客と向き合っているのか。社会課題を解決しようとしているのか。生の声をお届けします。

お客様と事業のナラティブを大切に

スタートアップ企業の成長過程において、アディッシュグループでは、お客様のパートナーとしてその想いや実現したい形に共に向かいたいと考えています。 今回は、お客様と最初に接点が多い、セールス事業部のメンバーを紹介します!(以前、本noteでも発信した2名も含めご紹介) 「すべてをまず好きになること」 小倉渉さん 「些細なことにも価値と楽しみを見出して最後まで向き合える方と一緒に働きたい」 矢﨑ちひろさん 「日々信頼を得られていくというところにやりがいを感じる」 塚本賢介さ

スキ
2

チームビルディングワーク実践を経てわかってきたこと

こんにちは、アディッシュ コミュニケーションデザインチームの大山です。 私たちのチームでは「アディッシュにチーム力を」というミッションを掲げ、チーム力を高めるためのサポートを行っています。 今回のテーマであるチームビルディングのワーク実施も、そのサポートのうちの一つです。 チームビルディングは強い組織を構築するための手法と定義されています。 そういった手法の活用はリーダーやオーナーが牽引していくもの、というイメージがあると思いますが、チーム活動はチーム全員で行うもの。

スキ
10

働くお父さん。働くお母さん。それを支える人たちが、話せる場を。

アディッシュグループには、複数の委員会があり、それぞれ目的を持って組織を盛り上げています。 委員会の一つに、「働き方検討委員会」があり、ライフステージやダイバーシティの異なるメンバー全員が働きやすい環境を目指し活動しています。 今回は、数ある取り組みの中から、学齢の異なるお子さんを育てるお父さん、お母さん、育児休暇から復職したメンバーを持つマネージャーが参加し「第二回育児座談会」を実施した際のレポートをお届けします! (なんと、育児休暇中の方がお子様と一緒に参加!声が聴こ

スキ
13

カスタマーサクセスをもっとわかりやすく!と言っても簡単なことではない。

アディッシュの執行役員でセールス事業部長を務める加藤大輔の発信しているnoteで注目を集めていた内容を下記お届けできればと思います。 カスタマーサクセスって言葉で言うのは簡単だけど、実践するのはなかなか難しい。 自分たちが真心を込めてゼロから立ち上げたサービス、プロダクトであれば定めたターゲットに向いた対応を時間をかけて行っていけば良いのだけれど、わたしたちはクライアントがPMF(プロダクト・マーケット・フィット)したサービス、プロダクトをカスタマーサポートとして支援・代

スキ
11

#アディッシュのお客様事例

アディッシュのお客様の事例インタビューをまとめています。

社会の「もったいない」問題解決に挑むNearMe 臨機応変な対応で日々の運用を担うアディッシュのカスタマーサポート導入事例【NearMe(ニアミー)様】

リアルタイムの位置情報を活用して地域活性化に貢献する“瞬間マッチング”プラットフォームを作り、地域活性化に貢献を目指す株式会社NearMe(ニアミー)。現在は誰にも身近な移動の「もったいない」の解決策として相乗りを活用した事業を行なっている同社の運用チームにて、アディッシュのカスタマーサポートサービスを導入いただいています。 今回は、アディッシュ執行役員サービスデリバリー事業部及びイネーブルメント事業部管掌の石川 琢磨がカスタマーサクセスの小森 雄一様とZuo様に導入の背景

スキ
9

イベント成功を支える「運用のプロ」。専門的な知見とチーム力で顧客にとって最適な運用体制を追求するアディッシュのサービス導入後事例【SHOWROOM様】

付加価値の高いカスタマーサポートを通じてファンをつくりたい加藤:本日はよろしくお願いします!さっそくですが、まず簡単に自己紹介をお願いします。よろしければ仕事上で大事にしていることなどもあわせてお聞かせください。 中原さん:はい。SHOWROOMでカスタマーチームのヘッドマネージャーをしている中原と言います。チームを運営する上で大事にしているのは、まず第一目標としてサービスを利用して満足してもらうこと、そしてそれで終わりではなくサポートを通じてファンを創ることです。基本的に

スキ
26

商品数・取引規模が拡大するECサイトの問い合わせ対応を円滑に。ノウハウとリソースで支えるアディッシュのカスタマーサポート導入事例【TENTIAL様】

スポーツを通じた健康増進、ウェルネスの分野でビジネスを推進するTENTIAL(テンシャル)社は2018年に創業したばかりのスタートアップ企業です。直近ではビジネス媒体が選出する新進気鋭のベンチャー企業100選に健康領域のD2Cブランドとして名を連ねるなど、今後のさらなる飛躍が期待されています。そのTENTIAL社における顧客との商品取引の問い合わせ業務を支えるのが、アディッシュのカスタマーサポートチームです。本日はTENTIAL社のカスタマーサクセス担当、伊藤 源一郎様に導入

スキ
14

変化を先読みしてくれる頼もしいチームの一員。アディッシュのライブ動画配信サポート導入事例【DouYu Japan様】

株式会社DouYu Japanは、ライブ配信サービス「Mildom(ミルダム)」を運営しています。 アディッシュは2020年7月よりMildomで配信される動画の監視サポートを実施しています。アディッシュのサービス導入の背景とその後の所感について、株式会社DouYu Japan カスタマーサポート(CS)マネージャー林 真吾様にお話を伺いました。 多様なユーザーが安全に楽しめる場所をつくるための見守り ー 「Mildom」の特徴はどのような点でしょうか。また、配信コンテン

スキ
19

#次世代の挑戦者

世の中にはたくさんの社会課題が眠っています。そんな課題にイノベーティブな発想力と技術力を生かして解決に挑むベンチャー・スタートアップ企業を様々な形で紹介していきます。コンテンツ内では、実際にadishのスタッフが街中で体験した体験レポートなどもアップしていきます!

一人ひとりの医療従事者を輝かせ、強い組織をつくる礎となる。レガシーな医療業界でデジタル化による人材活用を推進する【株式会社エピグノ様】

こんにちは、アディッシュの平田です。アディッシュ公式noteでは、さまざまな業界で新しい視点の事業を推進するスタートアップ企業をご紹介しています。本日ご紹介するのは、医療業界に人材マネジメントの視点で切り込み、医療機関の業務改革に挑戦する株式会社エピグノです。代表取締役の乾 文良様(写真中央)にお話を伺ってきました。 サービス内容と起業の経緯 ーはじめに、御社について教えていただけますか。 乾様(以下、乾):はい。医療機関に特化した人材マネジメントシステムを開発提供して

スキ
17

現場業務のラストワンマイルは『Cayzen』で。人の可能性をひきだす仕組みづくりに貢献したい【エイトス株式会社 様】

こんにちは、アディッシュの平田です。アディッシュ公式noteでは、さまざまな業界で新しい視点の事業を推進するスタートアップ企業をご紹介しています。本日ご紹介するのは、デスクレスワーカーの現場業務改善に着目し、日本で初めて改善提案に特化したクラウドサービスを開発したエイトス株式会社です。代表取締役の嶋田亘様にお話を伺ってきました。 サービス内容について 平田:サービス内容について教えていただけますか? 嶋田:「Cayzen(カイゼン)」というクラウドサービスを開発し、今年の

スキ
11

廃棄待った!使わなくなった計測器や工作機械の循環利用を実現する【Ekuipp株式会社 様】

こんにちは、アディッシュの平田です。adish公式noteでは、さまざまな業界で新しい視点の事業を推進するスタートアップ企業をご紹介しています。本日ご紹介するのは、製造業の当たり前に新たな視点で切り込み、ビジネスを始めたEkuipp株式会社です。代表取締役 松本悠利様にお話を伺ってきました。 サービス内容について 松本:主な事業は中古の計測器や中古分析器、中古工作機械を法人間で直接売買可能なマッチングプラットフォーム『Ekuipp(エクイップ)』の運用と、精密機器などの資産

スキ
9

マイクロモビリティの可能性

電動キックボードのシェアリングサービスが注目 人の移動手段に変革をもたらすMaaS(Mobility as a Service)という分野がいま注目されています。最近だと、電動キックボードを提供するLuupが話題です。これまで電動キックボードは日本の道路交通法上、原動機付自転車という扱いだったので条件が厳しく、シェアリングサービスを提供してもなかなか普及しないのが実情でした。しかし最近は条件を緩和して、より簡単に乗れるようにしようという動きが加速しています。実際2021年4月

スキ
8

#モラルと教育

情報モラルと教育の問題は切っても切り離せません。今後の未来を背負う未成年者に向けて、どのようなネット教育をしていくべきか。そのヒントを探ります

アフィリエイト広告課題におけるアディッシュの取り組み

アディッシュでは様々なサービスを提供してきていますが、それぞれの時代における新しいビジネスやテクノロジーの過程で発生してしまった課題(不和)を解決するようなビジネスを展開してきた、という流れがあります。 例えば、インターネットがいろいろな方に使われるようになり生まれてきたコミュニティサイトでは誹謗中傷や規約違反の投稿の監視サービスを、学校裏掲示板が流行ればネットパトロールを、フリマアプリなどシェアリングエコノミーが広がれば出品物の監視を、QR決済が流行ればその裏で起こる不正

スキ
6

デジタルウェルビーイングの重要性とこれから

「デジタルウェルビーイング」という概念についてご存知でしょうか。広くスマートフォン(スマホ)が普及しIoT(Internet of Things)製品が人々の生活に入り込んでいる現代において、デジタルウェルビーイングはデジタルデバイスと人との関係性について考える重要な概念です。今日はデジタルウェルビーイングの定義や注目される背景を整理するとともに、先進企業の取り組みを参考に今後について考えていきます。 デジタルウェルビーイングとはここ数年、IT業界を中心に「デジタルウェルビ

スキ
9

#炎上する社会

SNS時代の今、企業はネット炎上というリスクと常に隣り合わせです。デジタル・クライシスとどう向き合うべきか。その対策について迫ります。

つながりの中の消費者を守る"なりすまし監視"

先日アディッシュ株式会社のミッションを体現する”なりすまし監視”というサービスをリリースしました。 当社クライアントだけでなく、その先の一般のユーザーを守るサービスで、まさにアディッシュ株式会社のミッションを体現しています。 この記事では、当社やサービスを知っていただくために、どういった想いからこのサービスが生まれたのかをご紹介したいと思います! アディッシュのミッションそもそもアディッシュ株式会社のミッションには、「つながりを常によろこびに」があります。 当社は複数事

スキ
7

ソーシャル・キャピタル論から「いじめ」を紐解く

アディッシュの戦略を担当している小原です。 私たちは、「つながりを常によろこびに」というミッションを掲げ、ソーシャルメディア上で人と人がつながるからこそ起きる課題を解決したいという思いで事業を展開しています。私たちが提供しているサービスのひとつに学校非公式サイト対策のスクールガーディアン事業があります。 今日は、いじめが発生する一側面を、「ソーシャル・キャピタル論*」で論じられているネットワークから考察してみます。 * ソーシャル・キャピタル論...社会学の社会関係資本

スキ
6

炎上とサイバーカスケード

企業にとって炎上は怖い課題です。高い制作費をかけた広告を取りやめる必要がでたり、不買運動につながったり、ブランド毀損や時価総額の減少など、企業経営において無視できない課題となってきています。 そのため炎上を避けるために、リスクを小さくするためには炎上が何故起きるのか、といった背景を知っておくことは重要です。 そこで今回こちらの記事では炎上に関連する「サイバーカスケード」についてご案内します。 サイバーカスケード 皆さん「サイバーカスケード」というワードを耳にはさんだことは

スキ
3

Clubhouseに潜む炎上リスクとは?音声SNSにおける企業のリスクマネジメント

米国発の音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)が人気を博しています。FacebookやTwitter上でも話題になっており、音声を使う点が良さとして受け入れられているようです。 マーケティングやコミュニティ、採用などビジネスでの活用が注目される一方、今までのSNSと同様に、炎上や機密情報の漏洩などの課題が生じてくる可能性もあります。ソーシャルリスクの観点から、予想される問題と注意点、リスクへの対応方法をまとめていきます。 TwitterやFacebookなどのSN

スキ
10