#adishのコトヒト

15
自分が親になって改めて感じる想い。 ~子どもたちが健全にインターネットを活用するために、
今、伝えたいこと~

自分が親になって改めて感じる想い。 ~子どもたちが健全にインターネットを活用するために、 今、伝えたいこと~

コロナ禍において、働き方や生き方、世の中が大きく変わってきています。 それは、大人だけではなく、子どもたちの日常や学校生活も以前に比べ変わっているように感じます。 学校で顔を合わせる機会が減ったり、中には黙食で誰とも話さずに日々過ごしているなかで、悩みを抱えたまま苦しんでいる児童生徒が増えているのかもしれません。 今回は、2015年からスマートフォンで第三者が匿名でいじめ連絡ができる「スクールサイン」(旧「Kids’ Sign」」)のプロダクトオーナー鈴木 慎也さんに、本サ

10
これからSMB領域に踏み込むスタートアップへ[adishラジオトーク]

これからSMB領域に踏み込むスタートアップへ[adishラジオトーク]

マーケティングに長らく従事してきた吉澤・小原(おはら)・近内(こんない)がスタートアップ期のマーケティングに関する様々な課題について議論するシリーズ。今回のテーマは「これからSMB領域に踏み込むスタートアップへ」をテーマに、SMB(中小企業)に踏み込む時のポイントについて議論しました。顧客セグメントをSMBに拡大する時の課題や、エンタープライズとSMBの攻め方の違いを語ります。 ▽目次 先に獲得すべき顧客はエンタープライズ? SMB? エンタープライズとSMBの攻め方の違い

15
ブランド施策として始めた「社内ラジオ」
声を通して、つながりや想いを届けたい。

ブランド施策として始めた「社内ラジオ」 声を通して、つながりや想いを届けたい。

コロナ禍において、アディッシュではリモートワークが推奨となり、複数ある拠点を超えたつながりを目的に「社内ラジオ施策」を推進している。 元々は、社内へのブランド浸透の一環としてブランドチームで発案されたものだったが、思いの外、つながりの効果を生み出す事ができたのだとか。推進する上で心がけている事、社内からの反応についてブランド担当の平田優さんに迫ります。 社内ラジオが発案された背景を教えてください! 平田:アディッシュは、いろいろな拠点があるので、オンラインで会議をしたり

16
続けられるのは、やりたいこと×一緒に働く仲間×チャレンジできる環境があるから。

続けられるのは、やりたいこと×一緒に働く仲間×チャレンジできる環境があるから。

アディッシュは、従業員の半数以上が、パート・アルバイトという雇用形態で活躍しています。そのため、様々な雇用形態でも活躍できる環境があり、キャリアチェンジできる制度も整えています。 今回は、派遣社員からアディッシュに入社して5年、契約社員、正社員と雇用形態を変え、アディッシュで活躍し続けている仲川さんにお話をお伺いしました! ー仲川さん、本日はよろしくお願いします! 早速ですが、アディッシュに入社したきっかけを教えてください。 仲川さん(以下、仲川):よろしくお願いします!

10
中高生の命を守りたい! スクールガーディアンの啓蒙活動

中高生の命を守りたい! スクールガーディアンの啓蒙活動

スクールガーディアン事業部 渡邊いずみさんにインタビュー! 中高生のSNSトラブルの実態と、ネットリテラシー講演活動にかける想いを伺いました。 SNSトラブルから中高生の命を守りたい 平田:スクールガーディアンのミッションと、渡邊さんの仕事内容を教えてください。 渡邊:はい。「子どもたちが健全にインターネットを使える環境を目指して」をミッションに、主に中学生・高校生向けのネットパトロール事業を行なっています。 私はネットリテラシーの講演活動と動画作成のほか、SNSトラブ

9
スタートアップの未来を切り拓くマーケティング組織の作り方 [adishラジオトーク]

スタートアップの未来を切り拓くマーケティング組織の作り方 [adishラジオトーク]

マーケティングに長らく従事してきた吉澤・小原(おはら)・近内(こんない)がスタートアップ期のマーケティングに関する様々な課題について議論するシリーズ。今回のテーマは、「スタートアップにおけるマーケティング組織化の秘訣」です。スタートアップの急成長を支えるマーケティング組織をどのように築いたら良いか?具体的な手法やタイミング、組織化に伴う課題と解決法について語ります。 マーケティング組織の土台を築く方法吉澤:今回のテーマは、「スタートアップがマーケティングを組織化する秘訣」で

6
SNS投稿をモニタリングして11年! ユーザー低年齢化のリスクと対策、健全なコミュニティ形成の鍵は?

SNS投稿をモニタリングして11年! ユーザー低年齢化のリスクと対策、健全なコミュニティ形成の鍵は?

adish サービスデリバリー事業部 OMS プロダクトオーナー 清野翔平さんにインタビュー!サービス運営統括としてサービスの品質にこだわる姿勢や、約11年に及ぶSNS投稿監視の経験から見た昨今のSNS投稿内容の変化、低年齢化のリスクと対策について語っていただきました。 投稿監視スタッフ50名を統括するプロダクトオーナー吉澤:サービスデリバリー事業部OMSの業務内容と清野さんの仕事内容を教えてください。 清野:サービスデリバリー事業部OMSでは、SNSや企業のオウンドメデ

10
ゼロをイチに。スタートアップ支援で社会課題の解決につなげる

ゼロをイチに。スタートアップ支援で社会課題の解決につなげる

スタートアップ企業の事業支援、外資系企業の日本進出支援で手腕をふるってきた吉澤和之がアディッシュの事業開発顧問に就任しました。 2020年に提供を開始した、SNSなどへ投稿する前に、内容再考の機会を促すアラート機能を装備したAI検知サービス「matte(マッテ)」のマーケティング支援やアディッシュ公式noteの編集長も兼務しています。 スタートアップ支援をすることになったきっかけ、アディッシュのこと、各種活動に寄せる思いを取材しました。 今回インタビューする人 吉澤 和之

9
健全なネットコミュニティ社会を目指して。オウンドメディア監視の楽しさとは?

健全なネットコミュニティ社会を目指して。オウンドメディア監視の楽しさとは?

今回はアディッシュ株式会サービスデリバリー事業部 OMEプロダクトプロダクトオーナー 石井晃紀さんにお話を伺いました! プロダクトオーナーとしての気づき 吉澤:本日はよろしくお願いします。 石井:よろしくお願いします。 吉澤:早速ですが、OMEプロダクトでは何をされているんですか? 石井:カスタマーサポートを担うサービスデリバリー事業部のなかで、主にオウンドメディアの投稿監視サービスをしています。なかでも、規模の大きいメディアで専任の運用担当が必要な場合、私の管轄

12
ダイバーシティを大切にー「アディッシュは自分らしくいられる場所」

ダイバーシティを大切にー「アディッシュは自分らしくいられる場所」

アディッシュは、カスタマーサポートの外国語対応のサービス展開を行い、海外クライアントのパートナー企業でもあるため、海外国籍のメンバーも多数在籍しています。 外資系企業ではないアディッシュで活躍する外国籍メンバーが、なぜアディッシュを選んだのか?仕事をする環境はどうなのか?を、約5年アディッシュで活躍している胡欣欣(ウーヤンヤン)さんにお話を聞きました。 胡欣欣(ウーヤンヤン)さん カスタマーサポート運営部門のアルバイトとして入社。 現在は、正社員に契約変更をし、外国語カス

11