マガジンのカバー画像

#adishのコトヒト

31
adishを支える経営陣・社員・パートナーが普段どのような視点で顧客と向き合っているのか。社会課題を解決しようとしているのか。生の声をお届けします。
運営しているクリエイター

#カスタマーサクセス

2022年「アディッシュnote」 をよろしくお願いします

#note書き初めいつも「アディッシュnote」をご覧いただきまして、ありがとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 <2022年の意思表明>これまで以上に良質でおもしろいコンテンツを充実させ、発信の頻度を増やしていこうと考えております。 (具体的にお伝えしない所が本当か?とツッコミがありそうですが笑) 昨年末に、1年の振り返りのアディッシュnoteの記事を取り上げていただき、さらにチーム一丸となって走るぞとパワーを頂きました。 それでは、2022年もど

お客様と事業のナラティブを大切に

スタートアップ企業の成長過程において、アディッシュグループでは、お客様のパートナーとしてその想いや実現したい形に共に向かいたいと考えています。 今回は、お客様と最初に接点が多い、セールス事業部のメンバーを紹介します!(以前、本noteでも発信した2名も含めご紹介) 「すべてをまず好きになること」 小倉渉さん 「些細なことにも価値と楽しみを見出して最後まで向き合える方と一緒に働きたい」 矢﨑ちひろさん 「日々信頼を得られていくというところにやりがいを感じる」 塚本賢介さ

スキ
2

アディッシュ面接担当が大切にしている4つのこと

アディッシュには、いくつもプロジェクトチームがありますが、その中に、立ち上げ3年で50名体制に急拡大しているグローバルカスタマーサクセスチームが存在します。 多国籍のメンバーが揃い、チーム内でのコミュニケーションも多言語が飛び交うような、まさにグローバルな環境です。 そんな急拡大しているグローバル採用マネージャーの平田優さんに、採用を進める上で大切にしている点や想いについて迫ります。 ー今日は、グローバルカスタマーサクセスの人材像や面接についてどんどん聞かせていただきますね

スキ
25

執行役員から新卒社員へ。 「カスタマーサクセスってなんだろう」を自分の経験から例えてみた話。

アディッシュの執行役員でセールス事業部長を務める加藤大輔から、この春にセールスに入社してくれたメンバーに向けて社内で使用しているSlack上でのメッセージです。 いろんな経歴の持ち主である加藤は、約20年前に美容師をしていたことから、当時の美容業界の例を用いて送った言葉だそうです。 カスタマーサクセスを行う上で、お客様に対して、   *配慮ってどういうことだろう?  *配慮ってどう説明すれば伝わるだろう? と考えた際に、社内Slackで送付したメッセージを共有したいと

スキ
23

45日でグローバル・カスタマーサクセス人材を15名採用した話

こんにちは!アディッシュHR企画部中途採用担当の村山です。 アディッシュでは、雇用形態問わず年間200名以上の採用を行っています。 私が2月にアディッシュに入社してから、様々な採用を行ってきました。その中でも、今回、募集期間1ヵ月半、採用人数15名、英語・日本語ネイティブレベル、と、これまでと比べるとかなり難易度の高い採用プロジェクトが実施されました。この記事では、その採用プロジェクトについて書きたいと思います。 このプロジェクトが始まるときは、「ゴールが見えないな、、

スキ
33