「アディッシュは、働く一人ひとりが、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)の在り方をアップデートしていきたい」と考えています
見出し画像

「アディッシュは、働く一人ひとりが、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)の在り方をアップデートしていきたい」と考えています

アディッシュ公式note

「つながりを常によろこびに」のミッションのもと、アディッシュで働く一人ひとりが働き続けられる環境があり、成長・活躍することができ、よろこびを感じられるようにありたいと考えています。

ダイバーシティ経営の始め方

ダイバーシティには、表層や深層のダイバーシティと表現されることがありますが、アディッシュでは、深層のダイバーシティにも触れながら事業を運営しています。

ミッションを体現。コミュニケーションを専門とするチームって?

また、「委員会制度」を設けており、会社の基盤となる組織のあり方を、課題感を持ったメンバーが集まり、委員会として活動し経営会議に提案することで新たな制度を作る取り組みをしています。

働き方検討委員会のD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)チームでは、株式会社JobRainbowが主催するD&Iに取り組む企業を認定するアワードにエントリーし、「ベストワークプレイス」に認定されました!

D&Iアワード

D&I Awardは、企業のダイバーシティ&インクルージョンを評価する認定制度です。
「D&Iに取り組む企業の後押し」「D&Iのあり方のアップデート」「D&I推進をより取組みやすく」の3つの目的を通して、社会全体のD&Iの推進と、その先にある"D&Iがあたりまえの社会"の実現をビジョンに掲げ、認定を通じ企業が目指すべきD&Iのあり方を提案し、D&Iに取り組む企業やこれから取り組もうという企業にもスポットライトを当てることで、D&I推進の裾野を広げ、社会全体でのD&Iムーブメントを加速させていきます。
(※D&I AWARD2021より)

アディッシュではこれまで以下のような取り組みを行っており、総合的に評価をいただきました。

■ジェンダーギャップ
・性別で昇進のチャンスが変わったり、タスク分配を性別で判断したりするような環境はなく、当たり前に女性社員も活躍している環境がある。
■育児・介護
・有志で活動している、働き方検討委員会で「育児・介護」をテーマに取り組むチームや「D&I」をテーマに取り組むチームがあり、社内での座談会開催などのコミュニケーションの場の設計や情報発信に取り組んでいる。
・育児休暇等で休職中のメンバーへのフォローを行う「フォローアップ委員会」があり、希望者には定期的にコミュニケーションをとり、情報共有や復帰相談などを行っている。
■多文化共生
・多言語対応があるプロジェクトチームでは、15ヵ国以上の国籍を持つ社員が在籍。多文化を尊重しながらチームビルディングを行っている。
■障がい
・障がい者インターンの受け入れや新卒採用(予定)、障がい者支援企業とパートナーシップを組み、複数名の採用を行い完全リモートワークにて勤務を行っていただいている。
■LGBT
パートナーシップ制度(Famiee)を導入し、パートナーシップ証明書を取得できると同性パートナーも社内の福利厚生サービスが利用できる。

本取り組みに終わりはなく、意見を交わしながら、在り方をアップデートしていきたいと考えています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
「つながりを常によろこびに」がミッションです!
アディッシュ公式note
アディッシュ公式noteへようこそ! 「つながりを常によろこびに」を実現するための多彩なサービスを展開しています。 情報社会で多様化するコミュニケーション。そのあらゆる課題解決を提供しています。 サービス詳細:https://www.adish.co.jp/service/