#傷のない社会へ

5

ジャーナリスト伊藤詩織ロングインタビュー[matteレポート vol.3全文]

INTERVIEW ジャーナリスト 伊藤詩織 聞き手 事業開発プロフェッショナル 吉澤和之 インターネット。それはコミュニケーションをリアルの社会から解き放ち、いつでも、どこでも、誰とでも繋がれるツールへと進化させた。またSNSは、自分の主義主張を世界中に発信できる場となり、マイノリティの声なき声を救う手立てにもなった。しかしその一方、言葉は一方向的に拡散され、何のフィルターも介すことなく溢れ続け、その結果、人を傷つける武器としての側面も持つようになる。温かさのなかに含ま

スキ
10